読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランチにビール

愛顧、お願いします

『存在の耐えられない軽さ』ミラン・クンデラ:4人のメンヘラと1匹の犬にまつわる究極(笑)の恋愛小説

4人のメンヘラと1匹の犬にまつわる究極(笑)の恋愛小説 ぼくはこれが「恋愛小説」だと聞いていた。そう、海外文学を少しでも齧っている人間なら誰だって知っている。『存在の耐えられない軽さ』(1984)は恋愛小説だ。 しかし、これは一体どういうことだ? 開始…